ぱっちり目形成・マッサージ

こんばんは、あいぽんです。

エステマッサージの先生をやっている友人に
簡単に出来る蒙古ひだ改善マッサージを教えて貰ったので
以前から、蒙古ひだ解消・改善について、よくご質問いただいていることも
あったので今回、ご紹介したいと思います。

蒙古ひだというのは、目頭にかぶさっている皮ふのことで、
これは東洋人特有のものとも言われます。

この蒙古ひだですが、張りが強かったりすると
上のまぶたがかぶさってしまうこともある為、
目が小さく見えてしまうので、気になる人も多いと思います。

この蒙古ひだを無くすには、手術などで切開して取り除くしか
ありません。

しかしこの蒙古ひだの張りを弱くしたり、上にあげることで
上のまぶたがかぶさってしまうのが改善されるので、
わざわざ切開しなくてもいいこともあります。

そこでエステマッサージの先生をやっている友人に
教えて貰った蒙古ひだの張りを改善するマッサージが
次の方法です。
蒙古ひだ改善マッサージ






蒙古ひだ改善マッサージ 鼻根指つまみマッサージ

画像を参考に鼻の根元を人差し指と親指の腹でつまみます。

順序は、

1、人差し指と親指の腹を鼻の根元の両脇に軽くあてます。

2、人差し指と親指を眼球に当たる少し手前になるくらいの
  感じで深く鼻の根元をつまみます。
  このとき、眼球を傷つけるといけないので、
  あまり奥には指を入れないでください。
  そこまで深くつままなくても大丈夫です。

3、少し鼻の根元を深くつまむことが出来たら、少し強めに
  きゅっと鼻の根元を人差し指と親指でつまみます。
  ※画像を参考にしてください。

このつまんだままの状態を慣れないうちは30秒間くらい、
慣れてくれば1分間くらい続けてください。
1分以上は、鼻の根元にはさんだ後は暫く残ることもあるので、
やらないでください。

効率的なのは、お風呂上りに1日1回程度やることだそうです。
1日、何回も頻繁にやると変に鼻の根元に盛り上がりのクセがついて
しまうらしいので、1日1回が一番いいそうです。

こうすることで毎日、少しずつですが、蒙古ひだのまぶたのかぶさりが
改善されるので、少しずつぱっちり目に見えるようになるんだそうです。

目が少し小さく見られてしまう場合の改善にも効果があるそうです。

とても簡単に出来るので、よかったら試してみてくださいね。
ただしやりすぎはよくないので、1日1回1分以内におさめてください




自力二重まぶたステップ2:目の周りの脂肪燃焼促進

こんにちは、あいぽんです。

この二重まぶたを安全に燃焼する方法については、
以前にご紹介していますが、この方法を教えてくれた外科医とエステシャンの友人から、
追加で情報をいただいたので、掲載致しますね。

前回の記事は、
二重まぶた促進!まぶたの安全な脂肪燃焼促進させる方法とは?
をご参照くださいね。

二重まぶたを自力で形成する上で重要なのは、
まぶたの脂肪燃焼を促進させることですが、
二重まぶたの継続させるためには、まぶたの筋肉を発達させることを重要だそうです。

アイプチなどでくせをつけて行う自力での二重まぶたの形成では、
二重が持続しないことが多いそうです。

それでは安全にまぶたの脂肪燃焼を促進させるだけでなく、
自力で二重まぶたを形成する際にも効果の高いやり方をご紹介しますね。

まず安全にまぶたの脂肪を燃焼させる方法は、目をぎゅっとつぶった状態で3秒間、
そのあと、大きく目を思いっきり、見開いた状態で5秒間キープするのですが、
この開く際は、ゆっくりでも構わないので、まゆげが上に出来るかぎり、
あがらないようにしながら、開けるとのことです。

これを7回繰り返します。
7回以上はやってもあまり効果はかわらないそうです。

この方法だと直接、デリケートな目の周りやまぶたの皮ふを触るわけではない上に
まぶたの筋肉を使うので、まぶたの筋肉の枝が出来やすくなり、
これが二重まぶた自力形成
とても有効になってくるという訳なんです。

また目を運動することで、まぶたの脂肪燃焼が促進されるだけでなく、
目の周りの血行も促進されるため、目の周りの細胞の代謝も活発化し、
生き生きとした目にすることが出来ます。

マッサージも自力で二重まぶたを作る上でとても有効な方法なのですが、
あまり若いうちからやってしまったり、やりすぎてしまうと
まぶたの皮ふを痛めてしまったり、皮ふが伸びてしまい
逆効果になる場合もあるので、二重まぶたの自力形成を目指すにあたっての
最初の方法としてや、若いうちに行う方法としては、
上記の方法がなかなかおすすめとのことでした。

朝と夜、寝る前の2回やるが一番効率が良く、
効果も出やすくなるとのことでした。




プロフィール
アクセス数
ツイッターでつぶやく